メインメニュー

サブメニュー

合コンに至るまで

日本では、晩婚化や少子化といったトピックスが社会問題として取り上げられるようになってきました。かたや高齢者は増える一方で、彼らの生活を支える層(30〜40代)あたりから人口は尻窄み状態となっており、人口比率がとてもアンバランスになってしまっているのが現状です。男女ともに晩婚化になりつつある理由としては、男性側からすると経済的な理由が大きく、長く続いた不況のあおりで一家を支え得る財力を持ち合わせていないと感じている人も少なくありません。1人で生活するほうが金銭的にも精神的にも安心だと結婚から遠ざかってしまいがちになっているようです。

かたや女性は社会進出が活発化し、男性に頼らずとも自立して生活できる財力を身につけたことで、たとえ結婚するとしても相手の男性には自分よりも高い財力を求めるといった、理想像があるようです。しかし多くの男性の現状をうかがうと、そこまで高い財力があるのはほんのひと握りということがわかり、それならば無理に結婚して家庭や子育てのためにギリギリの生活をするよりも、1人で自分だけのためにお金を使って生活するほうが気楽だと考える人が増える傾向にあります。特に今の女性は財力のみならず社会経験を積んでいるので、結婚して大人しく家庭に入ることよりも自分のために生きることを選ぶ人も多くなりました。たとえ結婚して子どもを産んでも、いずれは社会復帰をして働きたいと考える人が増えているのです。

このように、結婚に対しての憧れや必要性を感じる傾向が薄れつつあり、別に1人で生きていけばいいと、特に出逢いも欲しがらない大人が増加しているのも事実です。しかし、ふと1人になってみると、時には寂しさを感じることもありますし、このまま結婚しないで生きていけば老後の生活も心配になってきます。一概に独り身が楽だと言い切ることは出来ないのかもしれません。心のどこかで、もしいい人がいたら結婚にたどり着きたい、そう考えるのも自然でしょう。ただ、先述した通り相手に対して高い理想を求める傾向が強いのか、なかなかいい人と巡り会えない、出逢いのチャンスがないと考える方も多いのではないでしょうか。同じ学校、同じ職場で運命の人に出逢える可能性は高くありませんし、そこで出逢いのきっかけの場として活用されているのが「合コン」です。